肝硬変予防に普段から肝臓にいい食事をこころがけましょう!

若いうちは気にならなくても、中高年になってくるといやがうえでも気になるのが「肝臓」です。

肝臓は、アルコールの分解し二日酔いを緩和しますが、普段から体内のデトックスを行っている大切な臓器です。毎日せっせと黙々と働いているので、異常に気づいたときには手遅れ…ということにもなりかねません。

そのなかでもっとも怖いのが「肝硬変」です。肝硬変のような、重篤な疾病にかからないように、普段からの食生活の改善が必要です。

肝臓にいいとされる食品には、肉、魚介類、食用油、植物性食材、乳酸菌などがあります。肝臓はタンパク質で構成されているので、その再生には良質なタンパク質の摂取が不可欠なのです。

しかし、同じ肉といっても脂質は肝臓に悪影響を与えます。肉を取る時は、タンパク質を重視します。鳥のささみや皮を取り除いたムネ肉などが理想的です。

同じように、魚介類には、良質なたんぱく質が豊富にふくまれています。特に青魚に含まれるDHA・EPAは中性脂肪を分解し、肝機能を高めます。

 

肝機能の好転に関わる血液の状態

肝臓には、ネガティブな障害が生じてしまう事もあります。例えば、基準値に関する以上の数字が発覚した時です。

時には健康診断などで、肝機能の確認が行われる事もあります。その結果、特定の物質が非常に多いと判明する事もあるのです。アルブミンの量が非常に多いので、体調不良になってしまう事もたまにあります。

それでネガティブな症状が生じた時には、血液の改善を意識する事がポイントになります。そもそも血液というのは、様々な臓器に間接的に関わっている事だけは、ほぼ間違いありません。肝臓も、同じ事が言えるのです。

血液の状態がネガティブですと、肝臓に関する栄養状況なども、やや悪くなってしまう傾向があります。それでは、ネガティブな症状が生じてしまう事も多い訳です。

ところが血液が好転されれば、肝機能が良くなる事も多々あります。つまり肝臓の調子が悪いなら、血液を良くするよう試みてみると良いのです。食事などに気を使って、血液を好転すると良いでしょう。

 

牡蠣には、タウリンが多く含まれています

タウリンはアミノ酸の一種で、お酒を飲み過ぎたあとはタウリンを取ることでアルコールの分解を早めて肝臓にかかる負担を助けてくれます。また肝臓にたまった老廃物の排出にタウリンは、欠かすことができません。

カキには、タウリンがたくさん含まれている食べ物ですが毎日食べれるものではありません。毎日の食生活からタウリンを効率よく取ることは難しいので、サプリメントなどで補ったほうが確実に栄養を取ることができます。肝臓サプリの口コミランキングでも牡蠣のエキスを使ったものが多く入っています。

またカキには、身体疲労回復にいい食べ物と言われているのはタウリンが栄養素として含まれているからです。最近体力がなくなってきたと感じる方はタウリンが不足している可能性があります。

タウリンが低下すると身体の不調でストレスや不安感を感じることがあります。身体疲労回復には、睡眠をとることが大事なので健康のためにも睡眠不足にならないように気をつけたいです。

食生活でも、油こいものばかり食べていると肥満になることで肝臓に負担をかけてしまいます。